テーマ:小泉八重子

幼夫絶叫__後編  小泉八重子

小説 幼夫絶叫 後編 小泉八重子 履歴その四 二〇〇三年(平成十五年)。大蔵、三十三歳。阪急春日野道の近くにあるプリマベーラ神戸というワンルームマンションに引っ越す。家賃八万円のそこは、裏寂れた商店街が近くにあるものの玄関の植え込みとベージュの煉瓦ふう壁面の小洒落た建物だ。 この間、追い打ちをかけるように病魔が襲う。三十四…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼夫絶叫__前編  小泉八重子

小説 幼夫絶叫 前編 小泉八重子 プロローグ 「三、三、四の十っ! 今回は十万やな。十万!」  さきほどから道端で柄の悪い大男が妙子に声を張り上げる。一体何が十万なのだろう。理解に苦しむ。この男と知り合って三年余り。まさかただのセックスがその値段というわけでもあるまい。妙子は黙っていた。そういえば知り合ったのも道端だった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸寄港5__3   小泉八重子

     小説      神戸寄港5      小泉八重子  二〇〇七年 四月三十日(月)晴れ  二十九日に神戸にやってきた正子と今日はともに病院にいく。正子は来るなり私への叱言を始めた。 「なんで次郎さんと対立してしまったん。けんかせんようにうまいことやらな」 「自分、それできるん? けんかもせんときれい事ではおさまらんのよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸寄港5__2   小泉八重子

     小説      神戸寄港5      小泉八重子  二〇〇七年 四月二十六日(木)  午前九時五分。明石、新光病院の玄関で、白衣の田村先生が煙草を吸っていた。お互い 無言のまま、私は受付に向った。 「植山采子の入院のお願いに参りました。田村先生お願い申し上げます」  単刀直入にそれだけ言うと、受付嬢は椅子に座って待つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸寄港5__1   小泉八重子

     小説      神戸寄港5      小泉八重子  二〇〇七年 平成十九年 四月二十二日(日)  今回の帰郷は痴呆の母に法定後見人をつけるのが目的だった。  法定後見人とは高齢化社会に即して平成十二年に法定化された。私たちの問題に限っていえば、母の所有する株券が近親者でも売れなくなったというのが、この制度を利用する発…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

同人M   小泉八重子

     短編      同人M      小泉八重子  ある秋の日、ソファに置いてあった携帯が鳴った。 「もしもし、ええと、あ、こ、小泉さん?」  聞きなれた男の声だ。弾みきったボールがいささかしおれた感じに戸惑う。 「ああ、Mさん」  私は答える。声の主はおよそ十余年前に散会した同人誌をともに支えた男だ。既に六十、五十八の男…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

再会(2)   小泉八重子

石喰ひ日記 再会(2) 小泉八重子 平成十七年三月二十九日(火)曇りときどき雨  昨日午後九時半、ようやく連絡のとれた息子は、約束したにも拘らず本日同道しないといった。親の問題だろうといい、仕事第一だという。腹も立ち、めげたが、すぐに気を取り直して夜は眠った。  今日、九時二十一分の東海道線に乗り横浜をめざす。乗り換えた横…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再会(1)   小泉八重子

石喰ひ日記 再会 小泉八重子  声を聞かなくなってから十一ヶ月がたった。六十二歳の夫は五十六歳の妻に完全に心を閉ざしたのであった。結婚したのがおよそ三十年前だ。子供が生れた頃から不協和音がし始め、別居した。それでも夫は仕送りを欠かさず、週末には子供の顔をみるという暮しを続けた。だが、それが一ヶ月に一回になり、三ヶ月に一回とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫を追う  小泉八重子

石喰ひ日記 夫を追う 小泉八重子 第1回山崎賞・最優秀賞受賞  二十七歳で結婚してからこの方、およそ三十年にわたる夫婦生活は殆ど体をなしていなかった。終りを通り越して、形だけが残っているこの状況を幽霊夫婦と名づけてもいいだろう。幻を生きるというのは楽ではない。この幻を支えているのは金である。  からだの関係は一児がうまれる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こおろぎ (一)深田町2  小泉八重子

小説 こおろぎ (一)深田町2  小泉八重子   幼い頃から小学校時代、病気がちだった。寝小便を初めとする心の病いとしては自家中毒があった。これは外出先で起る。眠気ではない欠伸が始まると徐々に身の置き所がなくなる。執拗な吐き気にまといつかれ、今すぐ家に帰りたくなる。だが帰った所で、寝ても醒めても座っても、一向に晴れやかにな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

こおろぎ (一)深田町1  小泉八重子

小説 こおろぎ (一)深田町1  小泉八重子                          「線路の向うはヨツや。肉屋と花屋でな。海沿いの線路はみんな未亡人の家や。旦那戦争で亡くした人ばっかりで、夜は灯り消して死んだみたいに飯喰うとる」 そう言って父はわらった。  宮前町は歩いて五分とかからない。夏でもひんやりと暗い谷…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

泰子の陸  岩井八重子

     エッセイ      泰子の陸                  岩井八重子 「円山町?」 配車係りの年配の男の顔がふっとゆるんだ。 小雨の降る十月半ばの夜だった。 雨合羽から老残の色香を漂わせ、 男は耳打ちするように私に囁いた。 「ブルガリの横入って、信号渡ってごらん。その裏が円山町だから」 目の前に磨き抜かれた東急…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

良介と四朗   小泉八重子

     短編      良介と四朗      作・小泉八重子  昭和三年、一九二八年秋、神戸。元町通りはアーチ型のすずらん灯に縁取られた無蓋の商店街であった。ハイカラな店の前では西国巡礼の坊主が思わず足を止める。「安井写真機店」の二階のカメラを抱えた鳥打帽の男の半身の看板。「太田洋服店」、「森川眼鏡店」、「もとぷら喫茶」「天…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

神戸寄港Ⅳ__4  小泉八重子

 二〇〇七年 四月二十七日(金)  入院は午後一時半の予約である。前夜の疲労で、皆、ゆっくり休んでから車を出す。朝は紅茶だけである。元町から高速に乗り、病院近くのインターチェンジを降りた。ロッキー2という食事処に車をとめる。朝御飯も食べていなかったのでそれぞれ注文する。荒っぽい店のわりにはいい味を出していた。三人で何事もなかったよ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

神戸寄港Ⅳ__3  小泉八重子

 二〇〇七年 四月二十五日(水)  あさっては小学校のクラス会がある。わざわざ私の都合に合わせて日にちを決めてくれた。断るべきなのだろうが、誰かと逢いたい。保留とする。  今日は祭日で、昨日の今日だけに再び次郎と言い争う気はない。だが、うかうかしてる内に次郎のシンパである長姉の正子がやってくる。正子が加勢すれば、厄介なことになる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸寄港Ⅳ__2  小泉八重子

 二〇〇七年 四月二十三日(月)  朝八時に采子から電話がある。 「こっちに着いてたの? 電話なかったもんやから」  寸前で日にちを早まらせられた上に、朝早くの電話にとまどう。激鬱の采子には時間と日にちの観念が漠然としていた。心ここにあらずの声が玉音放送のようである。身分が高いのだろうか。おそらく恵まれてきたうちにこうなってきたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長編  神戸寄港Ⅳ__1  小泉八重子

 二〇〇七年 平成十九年 四月二十二日(日)  痴呆の母は今年の四月で八十三歳になった。現在は神戸市山手にあるアクティブライフというグループホームに入所している。  八年前の一九九九年、平成十一年三月二十日、同じく痴呆だった父が死んだ。病いに倒れたのは五年前で、終りの二年間は痴呆となり、食べ物を喉に詰まらせ肺炎でなくなった。春浅い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先生が倒れて  小泉八重子

エッセイ 先生が倒れて 小泉八重子 先生が倒れて、報せを受けた久保さんが私に電話してきた。四月二十二日の教室が始まる二、三日前だった。先生は両耳が聞こえなくなり、両目が痛み、先週末に即入院の診断を受けたのだという。 「金曜日に入院て言われたらしいわ。それでね、先生は自分では脳腫瘍やて思うてはるみたい」 久保さんはまるで隣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more