チョン・ウォルソン(田月仙)プロデュース公演を観た

10月25日、 HAKUJU HALL(白寿ホール・渋谷)で行われた チョン・ウォルソン(田月仙)プロデュース公演 「日韓露歌曲集/オペラ『カヴァレリア・ルスティカーナ』より」を観た。 チョン・ウォルソン(田月仙)さん。撮影・菊地健志さん。  (「パンフレット」より) 出演 チョン・ウォルソン(田月仙) ソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文化座「旅立つ家族」を観た

10月12日、 池袋の東京芸術劇場で文化座の「旅立つ家族」を観た。 書いたのは金義卿という韓国の作家。 演出は新宿梁山泊の金守珍。 物語は、韓国の画家・李仲燮(イ・ジョンソプ)を描いたもの。 李仲燮については下記に簡単に紹介しておく。 作品は、上手に李仲燮の妻(山本方子)が現れ、 いまは亡き夫李仲燮のことを…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

東京ノーヴイ・レパートリーシアター公演「古事記」を観た

7月13日、両国のシアターXで 東京ノーヴイ・レパートリーシアターの「古事記」を観る。 演出はむろんレオニード・アニシモフさん。 上演台本は東京ノーヴイ・レパートリーシアターとなっているが、 パンフレットから推察するに、鎌田東二さんの「超訳古事記」をもとに レオニード・アニシモフさんが構成されたようである。 内容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短編 「こんな夢を見た」  坂下尚香 二松学舎大学

こんな夢を見た 坂下尚香 二松学舎大学 213A1089  こんな夢を見た。  温かい水の中は、薄暗いけれどハッキリとものが見えた。ちょうど青と紫の真ん中くらいの色をした暗やみが、わたしをつつんでいた。自分の手足がなんだかぼんやりと光っているようだった。きっと夜なのだ、とわたしは思った。水の中で口をぱくぱく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月蝕歌劇団「邪宗門」を見ました

月蝕歌劇団の「邪宗門」を観に行った。 場所は南阿佐ヶ谷の「ひつじ座」。 阿佐ヶ谷も久しぶりなので車で行った。 並木路の中杉通りを車で走って見たかったのだ。 私が入団したころ状況劇場は阿佐ヶ谷にあった。 トラックの後ろに乗り、この街を出て、赤テントへ向かい、 そしてまたトラックの後ろに乗り、この街へ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

短編 「こんな夢を見た」  田中雄太 二松学舎大学

こんな夢を見た 田中 雄太   二松学舎大学 213A1276  こんな夢を見た。  ぬかるむ斜面を踏ん張りながら歩いている。 気付けば腕も足も傷だらけで、擦りむいた膝がじくじくと痛んだ。 降りしきる雨が荷物を濡らして、冷たく重かった。  いくらか中身を置いていこうと思い、荷物を下ろした。 鞄を探…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more