名古屋__鈴蘭南座

1987年6月24~25日

名古屋の大衆演劇小屋「鈴蘭南座」。

転位・21のころ、「ジロさんの憂鬱」を
この小屋で上演した。

画像


画像


子どものころ、
タケシちゃんちの庭や、
わたしんちの庭でよく
「ドサ廻り一座」の芝居を観たせいだろう。

私はこういう小屋が大好きだ。

ただ…、出たんだよね、本番中に…(笑)。

客席の後方二階に楽屋があって、
本番中、私はずっとそこに
出番待ちをしている連中といた。

と、突然、「ドドドッ」と
客席の天井裏を走る物音がしたの。

すごく大きな音だったので
みんなびっくりして顔を見合わせたんだけど、
すぐにその音は止んだ。

で、あとで階下の舞台にいた木之内頼仁や
顔なじみのお客さんたちに聞いてみると、
そんな音は全然聞こえなかったという。

「え、そんなはずは…?」って
聞いた連中は一瞬また驚いた?

まあ、それほど大きな音だったのだけど、
あれはいったい何だったのか、
いまだにわからない…?(笑)


クリッとしていただけると嬉しいです!
パワーフコイダン
美容 睡眠




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック