山崎哲_ひと・こころ・からだ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新転位・21第23回公演『骨風(こっぷう)』予告更新

<<   作成日時 : 2016/06/01 19:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

12月公演『骨風』告知・更新(13)

※住空間創造Gallery ATOM CS TOWER(新橋)での先行プレミアム上演(12月1日)と、石丸正広さん(家具作家)の舞台美術が決定しました。参加者は確認と拡散をお願いします。

※参加ご希望の方は6月下旬までにお申し出ください!
出演・協力等を公募しているのは、私が出演を依頼した人たちと現場に一緒にいると、間違いなく人生と創造の途方もない財産を得られるからです。私自身がそうだったように。誰と出会ったか、人生の財産はそれだけ♪
.....................................................................................................................

概要

新転位・21第23回公演
『骨風(こっぷう)』
原作・篠原勝之(文藝春秋刊) 脚色演出・山崎哲

◎2016年12月9日〜18日 全12ステージ (予定)
◎高田馬場ラビネスト RABINEST
◎前売り4,200円 当日4,500円 (予定)

※良い舞台をできるだけ安い入場料で。を転位・21以来モットーにしていますが、今回は自前の稽古場がない、キャスト・スタッフ・ゲストが豪華過ぎる(笑)等で制作的に厳しい状況にあり、いつもの公演より少し高めになっています。この入場料で何とか頑張りたいと思いますのでご理解頂けますようお願いします♪
.....................................................................................................................

◎出演
四谷シモン 中嶋夏 十貫寺梅軒 佐野史郎 石川真希 井浦新
田口ランディ 大久保鷹 谷川俊之 吉沢健 林海象 篠原勝之
そのだりん 森島朋美 永岡沙江 大畑早苗 梶野 聡 世良敬
白木愛美

◎スタッフ
制作・森島朋美 ポスター美術・篠原勝之 舞台美術・石丸正広 八雲 花
照明デザイン・海藤春樹 音楽・安保由夫 半田充(MMS) 
衣装・伊藤佐智子 宣伝美術・渡部通子 舞台監督・武川喜俊

◎協力
住空間創造Gallery ATOM CS TOWER 上田嗣夫
唐組 久保井研 芝居屋劇団羊のしっぽ 高嶋芳男 三反崎美子 佐々木聖 佐藤仁美 井形和正 三浦仁 甲斐菜摘 イワセマツリ 竹内泰子 佐々木峻

◎トークショー・ゲスト(予定を含む 順不同)
嵐山光三郎(作家) 桑原茂夫(詩人) 村松友視(作家) 
立花義遼(山中湖望湖亭亭主) 大月雄二郎(画家) 
天童荒太(作家) Gee藤田(映画監督) 伊藤俊也(映画監督) 
レオニード・アニシモフ(演出家) 七字英輔(劇評家) 
流山児祥(演出家) 神山睦美(批評家) 原マスミ(シンガー) ほか

.....................................................................................................................

◎プレミアム上演(決定)

●12月1日 午後6時〜 無料招待
●住空間創造Gallery ATOM CS TOWER (新橋)

50人〜60人ほどご招待して約60分ほどを上演、そのあと歓談・交流を行います♪ 客席に余裕がありましたら一般の方もご招待するつもりです。その時は改めてお知らせします。ギャラリーを貸与して下すった上田嗣夫さんには一同、心から感謝いたします。
.....................................................................................................................

「漱石の道草」に続く第23回公演の予定はすでに2年ほど前からあった。四谷シモンさんに「哲ちゃんの芝居なら出たい」と耳元で囁かれたからである。と言ってもシモンさん、私に直接囁かずに私の周りの者に囁いていたのだ(笑) それ以前から実は私も「ねえ、シモンさん」とシモンさんの耳元にこっそり囁き続けていた訳だが、若松孝二監督の死、安保由夫の死、扇田昭彦の死、金子國義の死、そして合田佐和子さんの死と続いてなかなか腰を上げられなかった。その間クマさん(篠原勝之)の連作小説集『骨風』が上梓され、こうしたかたちで実現したいと思い始めた次第である。
.....................................................................................................................

小さな劇場での上演にしたのは、出演者、観客が相互に人肌(生命)を感じながら劇をともに創っていけるようにしたいと考えているからです。
.....................................................................................................................

その他の出演者、スタッフ、お手伝いの方を募集しています。出演者については可能な限り「芝居をやった事のない方」を求めます(^^♪

私のお芝居嫌いと、お芝居する人にたいする演出の厳しさはたぶん演劇界では良く知られていると思うが。仕方がない。唐さんを初めとする元状況劇場の面々同様、私はお芝居を敵として戦ってきた人間だからである。

普段からコミュニケーションの取れない方はお断りする事があります。私はさんざん経験していますが、そういう方は残念ながら集団創造は無理です。

いま一番欲しいのは子役(小学高学年〜中学生)です。交渉予定の人はいるのだが、出来れば自分の方から手を上げてくれる方を望んでいます(^^♪

★出演、スタッフ、お手伝いをご希望の方はなるべく早く「メッセージ」でお知らせ下さい。出演に関しては台本を少し書き直さなければいけないので(^^♪ 宜しくお願いします。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新転位・21第23回公演『骨風(こっぷう)』予告更新 山崎哲_ひと・こころ・からだ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる